7R4A0439

2001年レストランをオープンした当時から12年間、自身の右腕として働いてくれた

 

スタッフの結婚式に出席したことがきっかけでした。

 

前

阪本

 

 

 

当然うちのレストランで披露宴を挙げてやりたかったのですが、そのスタッフの招待客は80名以上で

 

当時のレストランでは60名が限界でした。

 

そして、やむなく後輩がシェフとして働いている会場で挙げることに。

 

その会場は100名以上収容可能で控え室や待合室等の設備がとても充実していて、もちろん、チャペルも素晴らしかった。

 

「これだけの設備があれば式を挙げさせてあげられたのに…」と悔しい思いをしました。

 

その出来事を機にウェディング会場の実現に向けて動き出しました。

 

人が幸せになる姿や感動の涙、そして女性が一番美しく輝いて見える瞬間。

 

こういう時間や空間に立ち会えるとこちらまで幸福な気持ちになれる。

 

料理に関しては普段同様、いや、それ以上に神経を遣う。

 

なぜなら提供する側にとっては100分の1でも、新郎新婦おふたりにとっては一生に一度の晴れの舞台です。

 

ウェディングの料理に対してはひと皿を100皿作るという感覚で毎回望んでいます。

 

2年前の9月5日、ウェディング会場 シャトー ラ・パルム・ドールがオープンしました。

 

8月からすでにレストランは営業しておりましたので厨房は比較的スムーズにスタートを切れた感じでした。

 

あれから2年間で約200組の結婚式を挙げて頂きましたが、当会場はお客様にもすごく恵まれているなと感じています。

 

レストランでプロポーズして数ヵ月後に結婚式。そして、結婚1周年記念日にはまた来て頂ける。

 

スタッフにとってもこんなに嬉しいことはありません。

 

その間にもパティスリーにも何度もケーキを買いに来て頂いたり、カフェも利用してもらったり、

 

色々な場面に合わせて繋がりを持って頂けることに感謝しています。

 

人と人との出逢い、繋がりの時間こそ、人生における最も大切な事だと思います。

 

そんな「かけがいのない人と過ごす時間」をもっと創っていきたいと思っています。

 

それぞれの大切な人と、それぞれの時間を過ごせる場所を創る。

 

その想いや“夢”を来年、一つのプロジェクトとしてスタッフ一丸となって実現したいと思っています。

 

 

0298

0380

0821

1212

1628

1646

 

一覧に戻る